Swicthing 2.0
2002/01/15 取得 )

ホーム > ベンダー資格 > Switch


VLAN、スパニングツリー等のスイッチに関する技術、及びマルチキャストの知識を問う試験です。

 

ポイント

私にとって、Switchは興味があったし、また設計に絡む分野もあり勉強はおもしろかったのですが、非常に難しい科目でした。VTP、VLAN間ルーティング、Trunking、MLSといった所は概要はつかんだものの、いまいち納得のいく形で理解できずに試験当日を迎えてしまいました。結果として868点という、まぁまぁ満足のいく点数を取ることができたのですが、確信をもって答えられた問題は少なく、深い理解を目指して再勉強が必要だと思っています。

コマンドですが、選択式の他、入力をしなければならない形式の問題も数問ですが見受けられました。ですが、コマンドを正確に覚えるよりは、Trunking、VLAN、MSL等の技術の概念をしっかり理解することの方が、この試験では有効だと感じました(また、それが本来正当ですよね!)。

要件に応じたSwitchの機種選定やCisco Switchのアーキテクチャの理解も重要です。一通りのCatalystシリーズの機能を、一昔前の機種を中心にCCOにてチェックしておくと良いと思います。