Sun Certified System Administrator ,PartT&U
( PartT:2001/04/19 取得、PartU:2001/05/02 取得 )

ホーム > ベンダー資格 > SCSA


試験向けの参考書・問題集は目にしたことがなく、現在、出版されていないと思います。したがって、一般のSolaris管理者向けの書籍で勉強するといった正攻法で攻めていくしかありません。

 

ポイント

試験範囲を十分勉強した上で試験に臨むつもりでしたが、我慢できずに受験してきました。

PartTに関しては、Solaris固有の出題だけではなく、UNIX共通の基礎的な操作方法についての出題も目立ちました。Solarisに限らず、UNIXをバリバリ使いこなしている方でしたら、それだけでかなりの得点が期待できそうです。基本的なコマンドに関しては、標準的な使い方だけでなくオプションに関しても目を通したほうが良いでしょう。 

PartUでは、擬似ファイルシステム、CacheFS、RBACやJumpStart等、通常の運用では、知らなくてもたいして困らないトピックが出題されます。私はこれらのトピックを押さえておらず、難しいというよりは、さっぱり分からなかった問題も多かったです。
NFSやオートマウント等のSolarisの基本ともいえるトピックは充分に勉強し、習得の必要性の薄いトピックについては概要だけでも押さえておけば充分に合格できます。

PartT、U共に、公開されている出題範囲から均等に過不足なく出題されますので、ヤマを張らずにまんべんなく勉強しましょう。出題範囲以外の事は出題されません(あたりまえか)。Solaris 7の時は出題範囲であり、また個人的にも重要なトピックだと思って勉強していたプリント関係も全く出題されませんでした。

UNIXというと敷居が高く感じますし、ましてこの試験に関する情報がほとんどない中、難解な試験に感じる方もいるかも知れませんが、決して難しい試験ではありません。うまい例えではないかも知れませんが、シナリオ等による応用力を問う問題は少ない、決して難しくない、実力(実践力)がなくても合格可能といった点で、Windows NT トラックのMCSE試験に似ていると感じました。ちょっと残念です。