Implementing Cisco Quality of Service
2007/02/06 取得 )

ホーム > ベンダー資格 > QOS


IP Phoneに代表されるネットワーク利用の多様化・高度化に伴って必須とされるQOS技術に特化した試験となります。仕事がら、QOS利用の機会は全くないのですが(利用するとしても、せいぜい、Shapingってなもんです)、CCIE Lab Examにおいて、かなりのウエイトを占めると判断し、理解を深める為に受験してきました。

 

ポイント

QOSは大きく分類すると、マーキング(Precedence/DSCP/COS)・輻輳管理・輻輳回避・帯域制御・帯域効率化に分けることができますが、全てclass-map→policy-map→service-policyによるMQC(Modular QoS CLI)が基本であり、そのコンフィギュレーションの理解は容易です。

この為、コマンドの暗記よりは、各技術の動作・コンセプトの理解を深めることが重要となります。実際、「Cisco QOS Exam Certification Guide」でも、その記述の大半は各Toolの動作概要の説明に費やされています。私は事前の予備知識が乏しかったのですが、それでも、順を追って読み進めていけば、さほど難しくもなく理解は容易でした。

動作概要の充分な理解ができていれば、試験の難易度としてはさほど難しくはなく、実際、私も1時間程度で終了し、得点もかなりの高得点でした。ちなみに、642-661:BGPと違って、642-642QOSは日本語化された試験を選択できるようです。私は無頓着であまり気を払わなかったのですが、知っていたとしても・・やっぱ英語を選択していたでしょうね。

若干、話がそれますが、知識の積み重ねが必要なBGP等のルーティングと違って、QOSは独立した分野なので、CCNP等のベースとなる知識がなくても挑戦できる試験だと感じました。

さぁ、これであとはCCIE Labに向けて突っ走っていく予定です!ただ、英語が苦手な為、「Cisco QOS Exam Certification Guide」1冊を読破するのに2ヶ月近くもかかり、CCIE Lab用教材である「Routing TCP/IP Volume I, Second Edition」と「Routing TCP/IP Volume II」を読み終えるのに何日かかるだろうと途方に暮れています・・。