Juniper Networks Certified Internet Associate
2006/01/05 取得 )

ホーム > ベンダー資格 > JNCIA


通信事業者向けでは、Ciscoに次ぐシェアを持つJuniper Networks社の主力製品であるM/Tシリーズルータ、及び稼動OSであるJUNOSの理解・設定・トラブルシューティングを問う試験です。当然の事ながら、ネットワーク技術の理解も問われます。Cisco同様、等級制の資格認定プログラムで、今回受験したJNCIAは下図に示す通り入門的な位置付けとなります。

ポイント

JNCIA Study Guideを元に、私が3つに分けたセクション毎に、勉強のポイントを説明したいと思います。

【セクション1】

Mシリーズのハードウェアアーキテクチャ、JUNOSの基本的なオペレーション、Juniper固有の概念であるFirewall FilterやRouting Policy等が説明されています。私はJuniper製品に触る機会が多いので問題はなかったのですが、JUNOSの操作は独特なので、経験がないと、なかなかイメージがし難いかもしれません。その場合、後述する「はじめてのJUNOS―詳解新世代ルータOS(日経BP)」を参考にすると良いと思います。以上のChapterは、Juniper製品の基礎となる事項なので充分に理解を深めましょう。

【セクション2】

タイトル通り、代表的なルーティングプロトコルについてのセクションです。前半では各ルーティングプロトコルの動作・仕組みの説明、後半ではJUNOSにおける設定、動作確認(各種showコマンド)等が説明されています。前半では、各ルーティングプロトコルの概要といったレベルを超え、各パケットのフォーマット迄、説明がなされています。Juniper固有の事柄ではないので、理解があれば前半は省略しても良いと思います(私は省略しました)。但し、Ciscoとは、OSPFのPriorityやBGPのKeepaliveのインターバルのデフォルト値等が異なるので注意が必要です。後半のConfigurationや各種showコマンドの使い方を中心に勉強すれば良いと思います。

【セクション3】

 関心がない(IS-IS)、時間がない(Multicast)、充分な知識がない(MPLS)と、全く勉強しなかった捨てたセクションです。下のセクション毎の正解率を見ると、上記Chapterについて、壊滅的な点数しか取れなかったのが良く分かります・・。ぎりぎりの合格でした・・。確実な合格を目指されるのであれば、もちろん勉強した方が良いと思います。

今回、初めて洋書を使用して勉強しました。上記に書いた通り、思ったよりも分かりやすく、且つ理解しやすい内容でしたが、そこは苦手な英語です・・。読み進めるのに、ものすごく時間と労力を費やしました。あまりに時間がかかり過ぎるものですから、既に充分な理解がある所や、捨てたChapter等、極力、読むべきページを減らすようにしました。

苦労してJuniper・JUNOSの理解を深め、優位(?)を確立した!と思った矢先、2006年1月に日経BPより「はじめてのJUNOS―詳解新世代ルータOS」という、Juniper現役エンジニア執筆の日本語の書籍が出版されました。ざっと目を通したのですが、とても理解しやすい内容でした。試験を対象にした書籍ではないので、JNCIAの出題範囲全てを網羅している訳ではないのですが、試験対策としても充分、有用だと思います。