Composite
2004/09/24 取得 )

ホーム > ベンダー資格 > COMP


CCNP・CCDPの再認定試験として設定されているCompositeを受験してきました。Compositeは、再認定試験としての性格の他、内容的にはBSCIとBCMSNが統合された試験である為、BSCI・BCMSNの代用としても認められます。CCNPの更新、及び次なるステップアップとして、CCIP取得を目指されている方には最適な試験だと思います。

【BSCI】

 

ポイント

旧Routing試験との大きな違いとしては、IS-ISが出題範囲に含まれています。IS-ISはご存知の通り、高速収束性・オープン仕様・大規模ネットワーク対応と、OSPFと同様の性格をもつリンクステートルーティングプロトコルですが、OSPF程普及せず、全くと言ってよいほど使用例はありません。アメリカでは割とメジャーなルーティングプロトコルとも聞きますが、日本で働き、日本のお客さんの為に仕事をする我々にとっては、やはり関係のない話です(外資系のお客さんも担当しますが、いずれにせよIS-ISの使用例を見た事がありません・・)。

恐らく日本では学術目的以外の使用例はないのではないでしょうか。そのような背景から、私は関心が持てず(時間がなかった事もあり)、全く勉強しませんでした。結局、IS-IS関連の問題は全然分からず全て落としてしまいましたが、内容的にはIS-ISの動作概要を理解していれば充分に対応できそうなものでした。試験対策としては、IS-ISの動作概要に目を通しておく程度で良いと思います。

その他のルーティングプロトコルについては満遍なく出題されますが、基本的な動作概要・コンフィギュレーションを理解していれば対応できます。ただ、OSPFに関しては、シミュレーション問題も含め、ある程度の理解が必要ですが、BlackBookを読んでおけば大丈夫でしょう。

 

【BCMSN】

 

ポイント

試験範囲が拡大されようとも、依然として、Switchの旧来からの(?)代表技術(EtherChannel・Vlan・Trunk・STP)が出題の中心となります。

実務では、VTPはtransparent、EtherChannelやTrunkは手動設定という事例が多いと思いますが、試験では、VTPの動作概要、PAgPやDTPの各種モードも出題範囲に含まれますので、諦めて勉強しましょう!

QoSは個人的に興味があり勉強したのですが、短期間でマスターするにはとても奥深く、難しすぎました・・。結局、充分な理解ができないまま、見切り発車で受験しました。ただ、QoSに限らず、新規出題範囲は、概要を問う程度の出題が多かったので、さほど難しく考える必要はないと思います。

QoSに関しては、642-642・QOSを受験する際に、改めて勉強し直す予定です。

今回、BSCI対策は何も行わなかったのですが、BCMSNは上記2冊を中心に勉強をしました。Switchなんて簡単だ、とタカをくくっていたのですが、いや〜、最近のSwitchは本当に高機能なんですね。試験を離れて、もう少し理解を深めたいと思います。それと時代の流れなのでしょうか、上記2冊ではCatOSに関する記述は皆無です。私が転職した頃は、一流の名セッター(setコマンド使い)を目指すべく勉強したものですから、チョット寂しく感じました・・・。