Configuring BGP on Cisco Routers
2005/10/03 取得 )

ホーム > ベンダー資格 > BGP


主にAS間のルーティングプロトコルとして使用されるBGPに関する試験です。その性格上、大規模ネットワークを対象とする事から、ネットワークの花形(?)技術の一つ・・かな?CCIP認定必須4科目の内の一つでもあります。

 

ポイント

基本的事項に関する出題が多く、「もっと問うべき事があるだろ!」なんて思いながら進めていきました(さっぱり見当もつかない問題もありましたけど・・)。上記参考書の理解が出来ていれば、十分対応可能な試験だと思います。

シュミレーション問題は2問出題されましたが、問題点の把握・特定は容易だと思います。余談ですが、ある記号が、PCキーボードのドライバの問題かと思うのですが、当初、どうしても入力する事ができませんでした。PCの問題なのか、それとも問題がその文字を受け付けない、すなわち私が想定している回答が間違っているのか判断できず、相当焦りました。結局、Shiftキーを押しながら片っ端からキーを打ち続け、該当文字が割り当てられているキーを見つける事ができました。入力後の動作確認で、出題意図を満たす結果を得られたので、諦めなくて良かったとホッとしました。

デザインコンセプトを問う問題も目立ち、私は散々な出来でした("Customer-to-Provider Connectivity with BGP"セクションの得点率は0%でした・・)。上記参考書で十分、BGPの理解は深まりますが、試験対策を重視されるようでしたら、プラスアルファの教材が必要かもしれません。

試験対策というよりは、業務上、より理解を深めたいとの理由から勉強を始めました。そのせいか、勉強は楽しくはかどり、理解が深まる過程が嬉しかったです。まだ、しばらく試験に追われ続けるのですが、落ち着いたら、試験を離れ、個人的な関心・興味から、「BGP Design and Implementation」(Cisco Press)を読んでみたいと思っています。