Building Cisco Remote Access Networks
2004/05/31 取得 )

ホーム > ベンダー資格 > BCRAN


Remote Accessの名の通り、WANテクノロジーについての知識を問う試験です。非同期接続・ISDN・Frame Relay等の旧来の技術に加え、VPN(IPsec)、DSL等の最近のWAN技術についても試験範囲に含まれます。

CCNPが失効したと勘違いして受験してきました・・・。

 

ポイント

私が2年以上前に受験したRemote Access(640-505)から、試験内容は幾度か改訂されたのでしょうが、依然として、非同期接続、ISDN、Frame Relay等が試験の中心となります。Cisco Press(ソフトバンク)のBCRAN対応参考書の範囲内で充分ですが、その内容は丁寧に抑えておく必要があります。

VPN、DSL、及びCBWFQ等が新たに試験項目に追加されましたが、これらに関しては技術の概要を掴んでおけば充分だと思います。IPsec、L2TP、MPLS等、VPNに関しては自信があったのですが、全くの拍子抜けする出題でした。

AAAも出題範囲ですが、経験上、実務で使われる事はほとんどなく、私は興味を持てず勉強しませんでした。試験直前に斜め読みすれば、何問か拾えますので、ほどほどで良いと思います。

今回、シュミレーション試験を初めて体験しました。コマンドは省略形では受け付けず、完全なフルスペルで入力する必要がある等、いくつか制約があると以前に聞いた覚えがあるのですが、改良されたのでしょうか、特に不都合は感じませんでした。ヘルプコマンドも使用できます。個人的には良く出来ていると感じました。実機を扱う感じで操作して問題ないでしょう。提示された条件は問題なく満たした上で、念のために、確認コマンドの実行とコンフィグのセーブを行っておきました。