仕様
( INTEGRA iS ・ LA-DC5 

ホーム > CAR (Motorsports) > 仕様(iS・LA-DC5)


 

ブレーキ(フロント)

F:ENDLESS NA-S

ブレーキ(リア)

R:ENDLESS NA-S(サーキット)
R:RIGID リアパッド Mタイプ(ジムカーナ)

サスペンション

インテグラ TypeR 純正サスペンション

ホイール

アコード EuroR 純正アルミホイール

タイヤ

POTENZA RE-01 205/50R16

空気圧(単位:kPa)

F-230、R-220(街乗り、メーカー指定値)
F-200、R-210(ジムカーナ)
F-180、R-210(サーキット)

 

ベストレコード(INTEGRA iS LA-DC5)

会場

タイム

達成日

筑波サーキット・コース1000

47"754

2002/03/19

茂原ツインサーキット

1'02"036

2002/02/17

成田モーターランド・右周り

50"36

2002/08/13

成田モーターランド・左周り

51"80

2002/08/13

 

インテグラiSで参加したモータースポーツの活動記録、レポートはこちら


2002/02/09 ・ ブレーキパッド(ENDLESS NA-S)換装

ブレーキ性能の不満から、ブレーキパッドの交換を行いました。DC5は発売されたばかりという事もあって、ほとんどチューニングパーツが出回っておらず、仮に出ていてもTypeR専用とiSユーザーにはつらい所ですが、ブレーキパッドについては悩む事はありません。フロントがシビック(EG6)、リアがシビック(EK9)、インテグラTypeR(DC5)用のパッドが流用できます。

私が選んだのはノンアスベストタイプのENDLESS NA-Sです。いいお値段するだけあって、確かに純正パッドとは効きが違います。初期制動にも優れ、制動距離も短くなりました。狙い通り確実に止まる事ができる、という頼もしさを感じます。

ただ、これで満足しているかと言うと、そうゆう訳ではありません。もう少しブレーキ性能を向上させたいと思ってますが、もうこれはパッドでどうにかなる問題ではなく、ブレーキサイズの限界と思って諦めています。

 


2002/02/27 ・ POTENZA RE-01 195/60R15に組み替え

純正タイヤの山が少なくなったらハイグリップラジアルにタイヤを交換しようと計画していたのですが、縁石にタイヤをおもいっきしヒットし左前輪がパンクしてしまったので、計画を前倒ししてタイヤを交換することにしました。

各社からハイグリップラジアルタイヤはでていますが、個人的にBridgestoneブランドが好きだったので、迷わずメーカーはBS。その中でも定番商品であるPOTENZA RE-01にしました。サイズの選定には結構悩み、偏平率を下げるとコーナリング性能が上がるというので、若干偏平率を下げる方向で検討しました。

まず195/55R15ですが、ジムカーナにおいてインテグラ(DC2)やシビック(EK9)のリアタイヤに良く用いられているサイズです。これがベストかなと思ったのですが、タイヤ外経が4cmも小さくなり、無視できない影響があるのではないかと不安になったのと、荷重指数が84と純正の91から大きく低下するので諦めました。

結局、純正タイヤとの間を採って、195/60R15に決定しました。荷重指数は88になりますが、インテグラ TypeR(DC5)の純正タイヤの荷重指数が87なので問題ないと思います。

タイヤ

サイズ

外径

インテグラiS 純正タイヤ

195/65R15 91

(恐らく)633mm

POTENZA RE-01

195/60R15 88

613mm

POTENZA RE-01

195/55R15 84

593mm

確かにグリップはよくなりましたが、劇的という訳ではないですね。言われてみればそんな気がするという程度です。それと、タイヤ外経が小さくなることにより加速性能が高まるらしいのですが、こちらのほうは全く体感できませんでした。

サイズ変更のデメリットとしては、まずメーター類(速度計、オドメーター)がくるいます。それと、iSは車高がかなり高く、タイヤ外経が小さくなることによりタイヤ上部とフェンダーまでの隙間が目立ち、車高の高さが際立つという計算外の欠点もあります。

 


2002/03/23 ・ リアブレーキパッド(RIGID リアパッド Mタイプ)換装

RIGIDジムカーナミーティング(2002/02/24)で知り合ったDC5Rに乗るSさん(STPメンバー)が、DC5はサイドの効きが弱く、リアパッドをメタル製に交換したということを言っていて、その話に触発されてメタル製のパッドを購入しました。確かにiSってサイドの効きが弱いですものね。これで本当にサイドターンができるのかっていうのは、ジムカーナを始めた頃からの懸念でしたから。実際、ALPHAにパッドを購入しに行った時も、店員さんがジムカーナにおいてはリアパッドにはこれしか選択肢がない、とまで言ってました。ただ、心配していた前後ブレーキのバランスについては、他社製品との組み合わせについては何とも言えないとのことです。ジムカーナにおいては、ブレーキの絶対的な効きではなく、前後のバランスが重要だとの意見を目にしたことがあったので(ジムカーナに限る話ではないでしょうが)、若干の不安が残ります

で、実際の効果ですが、サイドターン時にガッ!という感じで確実にリアをロックさせてくれます。もうこれは、サイドターンを行うに当たっては必須の装備かと思います。確かにこれしか選択肢はない。

ただ、ターンセクション以外では、コーナリング時にリアが流れやすく、全体的に扱い難くなりました。これはブレーキバランスがうんぬんというより、リアブレーキの絶対的な効きが強くなったせいだと感じてます。なんとかしたいんだけど、なんとかならないよね。リアタワーバー装着やサスペンション交換、インチアップというのは解決策になるかな?それとも、この挙動は取り立てて異常なことではな いのかな?

あと注意点として、素材の性質上断熱性が弱く、ブレーキオイルの温度上昇によりブレ-キング性能を低下させます。店員さんによるとサーキットを2〜3周走ったらもうダメになるとの事です。サーキット走行時には、前述のENDLESS NA-Sを使用する予定です。

 

 


2002/03/31 ・ ホイール(アコードEuroR 純正アルミホイール)換装

純正タイヤ(195/65R15)からハイグリップラジアルPOTENZA RE-01にタイヤを組み替えたものの、依然としてグリップ力不足への不満がつのります。そもそも195mmというタイヤ幅では根本的にグリップが不足しているのではないかと考え、インチアップを計画しました。

とは言うものの先立つものがありません。インチアップを行うには、安く調達してもホイール+タイヤで20万以上は必要です。そこで、社外品のホイールではなく、他のクルマの純正アルミホイールを中古で安く調達することにしました。

調達するホイールのサイズは、「下手なTypeRよりよっぽど速いiS界最速ドライバー」を目指す身(言っちゃった!)としては、TypeRと同等、もしくはそれ以上の装備が必要との考えから215/45R17のタイヤを履けるホイールを探すことにします。

17inchホイールと言えば、同じDC5であるインテグラ TypeRです。Yahoo!オークションでその純正ホイール&タイヤがよく出品されています。ただ、個人的にTypeR純正ホイールのデザインは好みではなく、またiS乗りとして、TypeRのエクステリアを代表するパーツの組み込みには強い抵抗感を感じます。やっぱ、デザイン面、スタイルの妥協はできません。それとオフセットの違いから、iSに装着するとなるとワイドトレッドスペーサーが必要になるというのもネックです。日常走行では何ら問題ないでしょうが、ジムカーナやサーキット走行をするとなると強度が心配です。

で、他にサイズの合う17inchホイールを履くクルマの見当がつかず、あっさり17inch化は放棄して16inchに的を変えます。まず目をつけたのがシルビア S15の純正アルミホイール。サイズも同じで、デザインも悪くない。が、やっぱりホンダ車にnissanのロゴの入ったホイールをつけるのはいただけません。

16inchのアルミホイールを装備するホンダ車ということで結局行き着いたのがアコード EuroRでした。アルミ製でデザインもなかなかよろしい!

ホイール

サイズ

オフセット

インテグラiS オプションアルミホイール

15×6JJ

+45

アコードEuroR 純正アルミホイール

16×6.5JJ

+55

iSのオプションアルミホイールと比較してみると、オフセット、リム幅の拡大により3.65mmほど奥に引っ込んでしまうことが予想されます。まぁ何とかなるよ!と、運転と同様行き当たりばったりの判断で購入してしまいました。これが後々面倒なことに・・。

タイヤを見てみると純正でPOTENZA RE-01(205/50R16_87)を履いています。しかも、インチアップしたのにも関わらず外径が同サイズ、というより3mm小さくなるという低偏平タイヤ。大幅な走行性能の向上が見込めます。懸念の荷重指数は、TypeRと同じ87ですから問題ないでしょう。

タイヤ

サイズ

外径

POTENZA RE-01

195/60R15 88

613mm

アコードEuroR 純正タイヤ POTENZA RE-01

205/50R16 87

610mm

 


2002/06/09・追記

上記の通りオフセットの違いから3.65mm程度奥まり、何らかの干渉が予想されたのですが、装着した所その懸念はあたり、フロントのブレーキキャリパーとホイールが接触する事が判明しました。この干渉自体は、5mmスペーサーを噛ますことで防ぐことができました。ただこれも問題があり、スペーサーを噛ますことによりハブセンターの突き出し量が1mm程度になり、ホイールセンターと噛み合わず、ホイールのセンターが出せない懸念があります(ホイールのセンターと回転軸の中心が合わず、走行中にブレ等が生じる可能性がある)。

実際に走行して様子を見たのですが、街乗りレベルでは全く問題はなく、高速道路の走行でも気になるブレ等は生じませんでしたので、とりあえずはこれで問題解決とします。購入以来、ほんと悩まされつづけましたが、とりあえず実戦に投入できることになってほっとしてます。ちなみにリアは何の干渉もないのですが、少しでもトレッドを稼ぐため2mm厚のスペーサーを噛ましています。

余裕があるなら素直に社外品のホイールを買った方が良いですね。適切なサイズを選べばトレッドも拡大できますし、軽量なものが多いですからね。

 


2002/05/04 ・ 空気圧管理導入

サーキット走行やジムカーナに何回か参加してきた訳ですが、「アンダーステア発生→ステアリングを切り足す→グリップが全くなくなる」という事を何度か経験しました。よく上級者の方が「タイヤのグリップと相談しながら・・」なんて話をしますから、上級者の方でしたらグリップがなくなる寸前というのが分かるのかもしれませんが、私にとっては突然グリップがなくなるような感じで、クルマが全く曲がらずススーッとそのまま前に行ってしまい、恐いのなんのって。根本的な原因としてはやはり突っ込みすぎなのでしょうか、そんな自覚はなく納得できません。

で、対策として以下の2点を考えました。

  1. タイヤ幅拡大によるグリップ力の向上
  2. 空気圧管理によるタイヤ性能の向上

メーカー指定値の空気圧は、乗り心地や燃費等を考慮して、若干高めに設定されています。これを適切な値にすることにより、タイヤの性能を引き出そうという狙いです。空気圧管理は特別珍しいことではなく、ジムカーナ会場ではみなさんこまめに空気圧を測っています。中にはエアゲージを忘れると不安でしょうがないという方もいるようです。それだけ空気圧管理が操作性やタイムに及ぼす影響が大きいのでしょう。

エアゲージの購入に当たっては、当然減圧調整のできるタイプのものを選びます。私は近くのオートテックで、割引券を使って1,800円程度のものを購入しました。安いだけあって測定誤差は±10kPaと大きいです。このエアゲージはピンきりで、例えばALPHAで扱っているエアゲージは32,000円と高価なのですが、測定誤差は±0.5kPa(ほんとかよ!)と精度は抜群です。

肝心の空気圧ですが、色々と調査した結果、以下の値に決定しました。

メーカー指定値

F:230、R:220

ジムカーナ

F:200、R:210

サーキット

F:180、R:210

私自身空気圧セッティングのノウハウがなく、これが適切な空気圧かという疑問はあるのですが、素人考えであれこれ試しても泥沼にはまりそうなので、当面この値で挑戦していこうと考えています。

見栄えのするチューニングではないのですが、空気圧管理に対する私の期待は大きく、セッティングということで、このページで紹介させていただきました。

 


2002/05/15 ・ サスペンション(インテグラ TypeR 純正サスペンション)換装

TypeR純正サスペンションを入手したので、さっそく装着してみました。この頃はちらほらTypeR純正サスが出回ってきていますが、どうゆう訳かアッパーマウントがない物が多いですね。私は運良くアッパーマウント付きの物を28,000円程度で入手することが出来ました。

もともとiSのサスには大して不満はなかったのですが、モータースポーツをやる以上、もう少し硬めのセッティングにしたいとの思いがありました。TypeRのサスがiSに装着できるのは分かっていたので、20万〜30万程かけてTypeR用の社外品のサスを導入するという手もありえたのでしょうが、そもそも戦闘力のないクルマにどこまでお金をかけるべきか?という疑問というか悩みもありました。TypeR純正サスはそんな私の要望と悩みを解決する最適の選択でした。

iSとTypeRのサスペンションを比較してみました(下図参照)。私自信、大して詳しくないので、下記の数値を見てもピンとくるものはないのですが、劇的な変化は期待できないものの、スプリングレート、ダンパー減衰力とも硬めに振られているのは間違いないといった所でしょうか。

 

iS

TypeR

スプリングレート(kgf/mm)

F:3.6

F:2.8〜4.6

R:5.8〜7.4

R:3.0〜8.0

ダンパー減衰力(kgf)
(0.3m/sec.時)

F(伸び側):125
F(縮み側):47

F(伸び側):168
F(縮み側):80

R(伸び側):132
R(縮み側):63

R(伸び側):187
R(縮み側):110

ダンパーマウントブッシュ(kgf/mm)

250

400

それと車高についてですが、諸元によるとTypeRはiSより15mm低いそうです。タイヤ外径の違いを考慮すると、サスペンション交換により10mm強下がるはずです。大雑把な計測で確かに10mm程、車高が低くなったのを確認しました。たかが10mmなのですが、なかなかどうしてiSの印象を変えてくれます。ぱっと見た感じ、腰高感がなくなり安定して見えます。もともと車高を下げることにはあまり執着していなかったのですが、確かにこれはかっこよいですね。ちなみに車高を下げると、どうゆう理屈なのかは知りませんがコーナリング性能向上に寄与するそうです。

これでインチアップ、サスペンション交換と一通りの足回り強化を行いました。今さら戦闘力のなさを嘆いていてもしょうがありません。iSだって、いじれば速くなるとの確信もあります。筑波、茂原、成田の各コースレコードを塗り替えながら、足回り強化のインプレッションが出来たら良いなと思ってます。