2006/04/09

JMRC神奈川ジムカーナシリーズ第1戦

(相模湖ピクニックランド)

ホーム > CAR (Motorsports) > Gymkhana & Circuit


神奈川第1戦・BNT2(ラジアル2駆・1600cc超)に参加してきました!

何故、参加したんだっけ・・・。

あえて言えば、元々、ラジアルクラスからジムカーナを始めた事もあり、県戦初挑戦となった2004年の頃と比べて、昨年のN2での経験を経て、どの程度、通用するのか、巧くなったのかを試してみたくなった・・のかな?

神奈川第1戦は相模湖での開催です。狭さを嫌って、ここ2年間、走った事のない会場です。全くコースの特性が分かりません・・。また、久しぶりのラジアルに慣れる必要もあります(これは、シーズンオフ中、ラジアルでサーキットを走っていた事もあって楽観的でしたが・・)。前日練習会はもちろん、前週には筑波(これまた2年振り・・)のPD CUPにて練習を行い、この日に臨みました!

この時期の相模湖ピクニックランドは、ご覧の通り、桜満開でとても美しかったです!参加台数も多く(全149台のエントリー)、待ち時間も長かったのですが、普段、桜を楽しむなんて、心にゆとりのある生活とは無縁な私にとって、とても良い機会、良い一日となりました!

【結果:1位(21台出走)】

走行内容については・・・下の動画をご覧下さい。この動画は2本目の走行なのですが、1本目の無様な走りを修正し、自分なりに良く走れたと思います。ただ、改めて見ると、ライン取りにムダが目立ちますね。とても激戦区BNT2を制した走りには見えません(泣)

試走の壷坂さんのパイロンをなめるような走りや、2位の方の走り(←昨年、CL2クラスシリーズチャンピオン!とても巧いです!外から見ていて、教科書のような理想的な走りに見えました。)が印象的だったので、なおさらそう思います・・。

相模湖は狭いですから、2速で走る区間は限定的です。相模湖における経験の少なさから、会場特性を意識するより、2速で引っ張ろうとする気持ちが強く、結果、オーバーラン気味になったのかもしれません(それか・・普段、Sタイヤで練習しているせい?)。ライン取りについては、他車の走行を見ていて、自分との違いが良く分かったので、次回に活かしていく予定です。

それと・・1本目と2本目で、1"454秒も差があるというのは問題ですよね・・。1本目より2本目、2本目より3本目の方が必ず良いタイムが出ます。1本目から自身の実力を出し切れないようでは、今後、苦戦を強いられる事もあるかと思いますし、上位のイベントでは通用しないでしょう。大きな課題です・・。

2本目の走行映像

 

写真提供は、たっくんさんです。とても素敵な写真をありがとうございます!

2年振りに相模湖を走った感想ですが、確かに狭いのですが、最低限の広さは確保されているといった感じで、個人的には充分楽しめました。なにより自宅から近いというのが良い!約50km、1時間程度で着きます。いや〜、歳のせいか、最近、ジムカーナの翌日って、ホント、キツイんです(笑)かつては深夜作業明けに、浅間台のフリー走行(午後枠)に行っていたのが信じられません(笑)時間的、身体的に負担が少ないっていうのは重要ですよね!ただ、茨中同様、コースの特性上、テクニカル主体のコース設定が多いようです。テクニカルは回数を重ねれば自然と巧くなる、あえて練習するなんてドラシャ折るだけでムダムダ、と思っているタチなので、前日練習会以外は、やっぱり行かないかな・・・。

 

一見して、かなり複雑で覚えるのが難しそうなコースですね。コース図のパイロンは、実際のコースのパイロン配置と相対的な位置は合っているものの、絶対的な位置が違う事が多いですよね(うまく説明できないですが・・)。ノートに手書きでコース図を作り直している方を見かけ、「おっ!ナイスアイディア!」と著者も作り直してみました。で、右の図が、そのコース図なのですが、実際のパイロン配置・ライン取りに近いものとなっています(っていうか、ネタにするんだったら、もう少しキレイに書いておけばよかった・・)。

 

本当に嬉しかったです!正直、表彰台は狙っていましたが、優勝は絶対無理だと思っていましたから、その喜びは格別でした。

いっぱい練習しても、結果やタイムを出せず、「上を向いて歩こう!」との掛け声とは裏腹に、卑屈になったり、落ち込んだりする事も多かったものですから、21台もの参加台数がある、手練揃いのBNT2クラスで優勝できたことはとても嬉しく、また、今までジムカーナをやってきた中で、一番誇らしく思える結果、一日となりました!

(祝福して下さったあやぱぱさん、ドッカーン!と仕返しがしたいので、次戦以降のリベンジをお待ちしています♪)