2004/04/29〜2004/05/02

G(Gymkhana)・Week

(浅間台スポーツランド、成田モーターランド)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


「どうやってタイヤを積むの?」という著者の疑問に答える形で、彼はSW20へのタイヤの積み方を解説していた。一通り説明し終わった後、「インテグラなら余裕で積めますよね。」と聞いてきた。

よく聞いてくれた・・・。

DC5は先代DC2と比べ、3ナンバーへ拡大され、全高も55mm高くなり、居住性の向上はもとより、ハッチバックの特性を活かした充分なスペースが確保されているのだ!

そう・・・、幸せな将来を思い描いてDC5・インテグラを選択したはずなんだよね。決して積むのはタイヤではない。きれいな奥さんにかわいい子供達・・・。それがどうだい。せっかくの連休だってのに、何も疑わず、「ジムカーナ四連チャン!」なんて無邪気な予定を組んじゃったりして・・。

深く考え込むな!とにかく突っ走れ!

【植村モータース 練習会(浅間台スポーツランド)】

Title:「桜の下のインテグラ」
う〜ん、風流ですな〜。

飯島選手が乗るDC5全日本車両

 

植村モータースの練習会ではスーパー慣熟歩行と称して、全日本ドライバーによるレクチャーを受ける事ができます。コースを実際歩き、ポイントを解説してくれます。この日は矢島選手と飯島選手が講師を担当していました。

”この”コースの攻略を聞くのではなく、他のコースでも応用が効かせられるように、コース攻略の”考え方”を学ぶようにしています。

 

 

【成田トライアル2004・第1戦(成田モーターランド)】

 2日目は約8ヶ月振りとなる成田モーターランドでの走行です。以前走行した時は、ほぼノーマルの状態で、タイムは右周り:48"72、左周り:48"55でした。今回の目標タイムは45秒台に設定しました。

いや、いけるでしょう!N車両の範囲内ですが、各部チューニングが施され、戦闘力は前回と比べて飛躍的に高まっています。また、この8ヶ月間の猛練習を経て、技量的にも当時と比べて勝っていると思われます。実際、以前では感じ取れなかった事が分かるようになりましたし、以前では配慮していなかった操作の無駄も現在では極力排除するようにしています。何より、この8ヶ月間、速く走る為にはどうすればよいんだろう?ということを幾度となく考え、練習してきたのだから・・・。

結果・・・

右周り:46"40、左周り:47"14

「その光電管、壊れてませんか?」

左周りはどうしても46秒台に入れることができませんでした・・。当日は参加台数が少なく、計18セット(1セット2周)と充分に走る事ができました。悔しいですが、これが実力ですね。残念ながら、これ以上走っても、45秒台はおろか、46秒台すら出せないでしょう・・・。

久しぶりに走って思ったのですが、成田は難しく、奥深く、そして何よりおもしろい!

今回、無様な結果しか残せませんでしたが、成田は私の課題となる要素が詰まっているコースとして扱い、今後、精力的に走りこむ予定です。

 

【JMRC千葉ジムカーナシリーズ・前日練習会、第三戦(浅間台スポーツランド)】

 ※以下、写真は全て本番当日のものです。

 

 

 

遂に来た!千葉第三戦だ!この日の為に4連チャンの予定を組んだと言っても過言ではない!この努力に報いる為にも、是非とも結果を残したいところだ!

まずは慣熟歩行です。StartからD→@→Bって、なんか浅間台フリー走行のスピマイコースに似ていませんか?スピマイコースは、速くなる為にはどうしたら良いんだろう、と幾度となく試行錯誤を繰り返したコースです。イケルぜ!この勝負もらった!

ちょっと思ったのですが、こうゆうのを”引き出し”っていうのかな?キャリアの長い人は、それこそ沢山のコースで密度の濃い練習、試行錯誤を重ねてきているはずです。この時の私が感じたような状況が多いのでしょうね。

慣熟走行ですが、B→A→@→Dと来る所の@→Dでスピンしてしまいました。これは全く予期していなかったスピンでしたので、相当動揺しました。ここ最近、天候に恵まれたせいもあるでしょうが、リアのグリップ感は非常に良い感じで、一切スピンはしていなかっただけに動揺・不安が広がります・・。今年の始め頃、ひどいオーバーステアに悩まされていた時期があったのですが、当時のことが思い出されて踏むのが恐くなってきます・・。

思えばスタートの時、かなりホイールスピンしてしまったのですが、その時、「今日は滑るぞ!」と、そのホイールスピンを情報として扱えなかったのが悔しいですね。

結果としては、1本目はミスコースに終わり記録残らず、2本目は慎重に走り、なんとか5位につけるのが精一杯でした。細かい事はもう覚えていません・・。今は、次戦には必ず表彰台に立つ!との思いだけです・・。


ちなみにFの180°ターンですが、当日は立ち上がりにかなりもたつきました。

先日(2004/05/08)、筑波に行って気付いたことなのですが・・・・

私はターンは苦手意識はあまりなく、どちらかと言うと好きな方です。観覧席手前のテクニカルセクションは大抵そつなくこなせると思っています(巧いかどうかは別として・・・)。それはね、観覧席前のスペースに着く時に、”無意識”に車速を充分落としているからだと思います。

が、Fのように2速全開ストレート→ターンという場合は、”意識的に”車速を落とさないとダメですね。そりゃー、もうがむしゃらに「オリャー!」ってな感じでアクセル踏んでますからね。全開ストレート→ターンとくる場合、いつもと同じブレーキングではなく、意識して速度を落とすようにしよう!

もう1点!最後のJですが、ライバル達と吟味した結果、サイドを引かず踏み切れるとの結論を得ていました。いや、実際、Kは規制となっておらず、Jを外側から進入することによって、充分踏み切れるラインでした。

Jの置き方は浅間台にはよく見られるパターンで、大抵、最後にサイドを引いてゴールします。もうね、サイドを引くのを期待しているかのように見えたのか、分かっていながら何故かサイドを引いてしまいました。

ちなみに、中間ラップ(ピンクのLapと書かれた線)までは3位だったんですよ。それが、残りのわずかな区間で5位にまで落ちてしまいました。よっぽどちんたらと走ってたんだろうな〜。大きなミスはなかったんだけどな〜。難しいね。

ちなみに今回の主催はOAKSさんだったのですが、アナウンスや司会がおもしろく(?)、非常に楽しい一日を過ごす事ができました。また、中間ラップが分かるという計時システムは非常に参考になり感心しました。

手前の薄汚れたDC5が著者の車、奥のキレイなDC5はN2に参戦しています。

 

この日、BNTUは13台もの参加がありました。

 

 

あれれ、このインプ、もしや!

ユイレーシングスクール主催の筑波スプリントで幾度か死闘(?)交えた塩原さんのインプレッサです(お互い43秒台前半で、大抵、クラス分けが一緒でした)。それまでお話した事はなかったのですが・・・、当日はまさに戦友と出会った気分でした(笑)

ほぼノーマルのインプレッサです。塩原さんも私と同じ、サーキットも走るけどメインはジムカーナ、というジムカーナ屋さんでした。お互い、意外に感じたでしょうね。だって、お会いするのは、いつも筑波コース1000ですから(笑)

しのい、及び富士ショートコースでのスプリント、オーバルスクール等、幾つかYRS情報を聞く・・。

しのいはコース図を見る限り、単調なコースのように感じて、いまいち惹かれません。富士ショートコースはもっと単調そう。一部では人気のオーバルスクールも、ぐるぐる定常円を周るだけですよね?得るものが少なそうだし、そもそも楽しいとは思えないんだよな〜。

筑波スプリントは引き続き参加の予定ですが、残る今年の予定は7月と9月にスケジュールされています。夏場という事で、タイムアップが望めず、私は見送る予定です・・。

 

 

 

うなだれている・・・訳ではありません(笑)

当初からシリーズを追っている山村さんや私に加え、2戦目から小野田さん、3戦目から國吉さんが参戦してきました。実力が拮抗しているだけに、今後のシリーズ順位争いは大混戦が予想されます。私としては、その混戦を制して頭一つ抜け出し、畑中さんとの圧倒的な差を少しでも縮めていくというつもりなのですが・・・厳しいだろうな〜。5位じゃな〜。そりゃ、うなだれるしかないって・・。

あっ、ちなみにインテですが、次戦までに大幅な仕様変更を予定しています。詳細は省きますが、クルマのセッティングに疑念を抱くような状況から抜け出したかったのです・・。