2003/09/27

LUCK-E ジムカーナ練習会

(浅間台スポーツランド)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


ラック・イーストの練習会、これで2回目の参加です。前回参加した時は、インターネット上で練習会の日程が公開されていないせいか、参加台数も非常に少なく、既に私の中では穴場的な練習会となっています。今回も期待を裏切らず、日曜日だというのに参加台数は確か”15台”を下回っていました。大丈夫か!ラック・イースト!

会場について、誰か知っている人はいないかな〜とあたりを見渡すと、あっ!あの三菱スリーダイヤのステッカーが貼ってあるミラージュ!うん、間違いない!「お〜い、Sさ〜ん!」。

Sさんとは、去年2月のJMRC千葉ジムカーナレッスンでパドックが隣りでした。感じの良い人で、話が弾み楽しい時を過ごせた覚えがあります。もう一年以上前の話なのですが、お互い覚えていました。Sさんもジムカを続けていたんだね。なんか嬉しかったよ!

写真奥のEK9もレッスンが縁で親しくなった、花さん。この頃、よく会うんだよね。11月のテクチャレに参加しよう!って約束してきました。Sさんや花さん、当時はお互い初心者って事もあって、連帯感のようなものがあったのでしょうね。

さて、走行の方ですが、午前・午後とも全員が5本を走り終えたら、あとはフリー走行となりました。午前は調子に乗って、なんと17本も走りました(ラック・E練習会の午前の部、最高記録だそうです・・。だってフリーだって言うから・・)。午後はちょっとペースを落としたけど、それでも10本以上は走行しましたね。もうフリー走行なみの本数です。

えっ?「ところで車高調の感じはどうだった?」って?・・・・。あっ、あぁ、エナペね。う〜んとね、う〜ん、そうだ!!そりゃもうバリバリ(?)だったよ!もうトラクションがかかりまくり!・・・・。ごめんなさい、全然忘れてました。つうか分かんねーよ(怒)。鈍感で悪かったな!花さん曰く、外から見た感じでは、以前の鬼のようなロールはなくなり競技車両独特の動きだったよ!とのコメントがありました。

今回、外周の走行に自分なりに課題を持って臨んでいました。どんな課題かというと・・・。

以前、関越での練習会に参加した時の事です。他の参加者を見渡すと、ラジアルで参加しているDC5を見かけました。私と同じDC5、ラジアルで、しかも純正サイズ(215/45R17)という事もあって要チェックです。負けるものかと心の中で思っていたのですが、午前で3秒程、午後のコースでなんと5秒程もブッちぎられてしまいました。仕様で大きく違うのは車高調の有無ぐらい。車高調を導入すればその差が埋まるかっていうとそんな訳はない。その人は私より明らかに上手でしたね。

似たような仕様でそこまで差をつけられてしまっては、もう教えを請うしかありません。

オレは鈍いからね。上級者の車に乗せてもらっても、大抵、「速い!」とか「(速すぎて)恐い!」とか、そんな感想しかないんだけど、この時は互いにN車を意識した仕様、同サイズのラジアルタイヤ、そしてなにより同じ車種というせいもあるのかな、オレとの違いがよ〜く分かったよ。私との大きな違いは、外周へのアプローチ、外周時の速度でした。

上級者とどのセクションで差がつくのか?漠然とテクニカルセクションで差がつくと思っていたけど、外周セクションでも大きな差がついてしまうものなんだね。それまで外周が差がつくセクションとの認識は全くなかったから、ちょっと目から鱗だったよ。

違いはよく分かったけど、論理的に彼と私の違いを説明・理解できたなかったので、その人に隣りに乗ってもらい、明らかに存在するその違いを指摘してくれるようにお願いしました。快く引き受けてくれたその人が言うには、ズバリ、「フロントに荷重が充分にかかっていない!」との事でした。

「コーナリング進入時にブレーキングにて前荷重をかける。」どんな手引きを読んでも必ず書かれている基本中の基本が出来ていなかったって事だね。あ〜痛ッ!

その人と話していて、以上の所に原因があるのではないかと結論を得ました。全然ダメじゃん!

その人に乗せてもらった事を契機に、最近ではジムカにおける巧い外周の走り方について大体イメージが掴めてきました。FRとかは分かんないけど、FFにおいては外周時にリアが「微妙に」スライドし、フロントがインにインに向かうような感じがベストだと思います。サーキットもそうだと思う。ユイレーシングスクールの大石の兄貴に運転してもらうとそのように走っていましたからね。ただ、この時、兄貴に「リアが滑ってますよね?」と聞くと、「いや、滑ってない!」と答えるので、上記は正しい説明ではないかもしれない。う〜ん、大石さんの答えにオレも混乱してるんだよね。あっ、ちなみにこのサイトはiSオーナーの方もご覧になっている事が想像されるので付け加えておきますが、上記の走行イメージはLSDの有無とは関係ない話だと思います。大石さんに乗ってもらったのはiSの頃だったからね。もう一つ付け加えて、FFでリアを大きくスライドさせる走り方もあると思うけど、個人的な経験から思ったよりタイムは伸びませんね。使い所によるんだろうけど、基本はリアもしっかりグリップさせる走り方がベストだと思います。

話がそれましたね。上記の経験を糧に、丁寧なアクセル・ブレーキングを心がけたおかげか、大分イメージ通りの走行ができつつあるとの手応えを得ることができました。ただ、ちょっとツッコミ過ぎかな。なんか止まらないんだよね〜。

昼休み。

休憩中に、エアゲージがちょっとおかしいのでは?と思い、花さんにエアゲージを借りて測ってみると・・、

フロント:140kPa、リア:220kPa

お〜!リアはともかく、フロントはやばくないか〜。「極端に低い空気圧だったのに気付かなかったの?」って?いやね、止まらね〜、曲がらね〜とは思っていたんだけど、オレ位のレベルだと、車を疑う前に、まず自身の技量に原因を求めるからね。まさか、ここまで極端に空気圧が下がっていたなんて想像もしなかったよ・・。

ちなみに花さんが使っていたエアゲージはBRIDGESTONE Motorsport製で、メーター部がゴムで保護されており、質感があり、そしてデザインがとても良かったでした。すごく気に入り、帰宅後、手に入れるべく直ちに手配しました。さすがにオートテックで買った廉価なエアゲージよりは値がはりましたが、とても気に入っています。ただ、測定誤差は今まで使っていた物と変らず、±10kPaなんだよね。質感溢れるエアゲージだけに、精度ももうちょっと良ければご満悦なんだけどね。エアゲージを持っていない人、もしくは忘れてきた人は遠慮なく声をかけて下さいね!多分、すごく嬉しそうに貸すと思います。デザインや機能性について語りだし、遂には聞いてもないのに購入方法についてまで語るでしょう!

午後のコースは180度と270度のターンが2箇所ありました。2箇所とも右ターンでした。現在、右リアがロックしないので、左ターンは出来ないのですが、右ターンでしたら何の問題ありません。回数を重ねるにつれ、我ながらキレイにターンを決める事が出来ます。ターンは苦手という意識をもっていたのですが、結構できるじゃん!外周も自分なりに満足の行く走行ができつつあります。午後の走行では非常に満足のいく走りができました.。なんかね、ちょっと最高でした・・・。

最後に、片付けをしていたら、ラック守谷のおじさんが「うまくなったね!みんなもそう言ってたよ!」な〜んて嬉しい事を言ってくれました。来年は県戦(ラジアル2駆のクラスです)へのフル参戦を検討しているのですが、県戦で「やっていける!」という手応えを充分に感じた一日でした。