2002/06/08

2002BPスーパートライアル第3戦

(筑波サーキット・ジムカーナ場)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


今回参加したBPスーパートライアルはクレバーレーシングが主催する、年間を通じて行われるシリーズ形式の競技です。特にシリーズを追うつもりはなく、練習5本、本番2本と計7本走れることから、普通の練習会のつもりで参加しました。

普通、ジムカーナにおけるクラス分けは排気量を基準に行われるのですが、このBPスーパートライアルは珍しく、パワーウエイトレシオを基準にクラス分けが行われます。そう、インテiSが互角に戦えるクラス設定なんです。が、ノーマルタイヤクラスがないんですよね。パワーウエイトレシオによるクラス分けって、アイデアは良いんですけどね。「ジムカーナ+早食いの合計タイム」なんてのはなくして、ノーマルタイヤクラスを設けてくれたら、本格的に参戦してみたいシリーズですね。

・ BPスーパートライアル・クラス区分

SL-N:パワーウエイトレシオ6kg/ps未満のジムカーナタイムのみ
SL-I:パワーウエイトレシオ6kg/ps未満のジムカーナ+早食いの合計タイム
SH-N:パワーウエイトレシオ6kg/ps以上のジムカーナタイムのみ
SH-I:パワーウエイトレシオ6kg/ps以上のジムカーナ+早食いの合計タイム

(インテiSのパワーウエイトレシオは約7.3です。競合車としては、ロードスターやハチロクがいます。)

今回は一人ゲストを迎えました。インターネットを通じて知り合った、同じくインテiS乗りのNさんです。モータースポーツに関心を持ちつつも、今一歩踏み出せず、まずは見学をしたいとの連絡がありました。見学だけなんてつまらない、是非参加してみませんか?と誘ったのですが、まずは見学をということで今回お会いすることになりました。

今回の会場である筑波サーキット・ジムカーナ場は、浅間台スポーツランドに馴れた私には非常に狭く感じました。浅間台の半分位のスペースしかないんじゃないでしょうか。ユイレーシングスクールの定常円はこのジムカーナ場で行われるので会場は知ってはいたのですが、ジムカーナをするとなるとやっぱり狭いですね。

で、狭いので必然的にコース設定は、スラロームがあり、タイトなコーナーやターンセクションが連続するテクニカルなものになります。走って思ったのですが、こうゆうテクニカルなコースは運転技術の未熟さがもろに露呈しますね。ほんとボロボロの走りしか出来ませんでした。先日のJMRC千葉 ジムカーナレッスンで満足のいく走りが出来つつあるのを感じ、ほんと言うと、もうiS界最速ドライバーを宣言しちまおうかとも思っていたのですが、こんな無様な走りしかできないようでは、iS界最速ドライバーの宣言はまだまだ先の話ですね。

浅間台や関越のような広い会場におけるハイスピードのコースでは、それなりに走らせることができるようになり、限界の低いインテiSではテクニックの上達もタイムの短縮も頭打ちのような感じがしています。それよりも、自分が苦手とする今回のようなテクニカルコースを中心に今後ジムカーナを続けていこうと思いました。ということで、次回以降、筑波サーキット・ジムカーナ場や茨城中央サーキットのような比較的狭い会場の練習会に参加していく予定です。

この日はNさんをもてなそうとの思いが強く、走りに関しては、操作やライン取り等の分析をじっくり行えず、漫然と走ってしまいました。ただ、一日中Nさんと話をしていた訳ですが、同じクルマに乗り、モータースポーツという共通の関心があり、お互い吹奏楽の経験もありと趣味(?)も同じで、会話が弾み、楽しい時を過ごすことができました。Nさん、今回見学した訳ですから、次回は参加しますよね、と7/23のユイレーシングスクールの筑波ドライビングワークショップへ一緒に参加する約束もしました。今から7/23が楽しみです。あっ、最後になりましたが、Nさんには夕食をご馳走になりました。どうもご馳走様でした。

 

りんく号(R仕様)と記念写真!

サイドターン後の立ち上がり。成功させホッとしたのもつかの間、直ぐ続くターンセクションを前に車内ではドタバタしてます。ステアリングが戻ってない(涙)ホイールスピンで発生したタイヤスモークがまだ残ってる(涙)

サイドターン直前。しっかり前荷重がかかってます。これを見ると、TypeRのサスもやっこいのが分かりますね。