2002/05/25

JMRC千葉 ジムカーナレッスン

(浅間台スポーツランド(ASL))

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


今回のイベントは、初心者の方、またはジムカーナ未経験の方を対象に、JMRC千葉の方々が、手軽なモータースポーツであるジムカーナの魅力を知って貰おう、興味は持っているものの今一歩踏み出せない方の手助けをしようと企画されたものだそうです。実際、このような初心者を対象としたレッスンプログラムに対するニーズは高かったようで、締め切りまで2週間程を残して募集枠の40台は埋まってしまったそうです。私自身もまだまだ初心者ですので、上級ドライバーのアドバイスが欲しく期待をもって参加しました。

到着してまず驚いたのが、インストラクターの充実振りです。参加者はFF、FRT、FRU、4WDの4つにクラス分けされているのですが、各クラスにメインインストラクターがつき、それに数名のサブインストラクターがつくという重厚な布陣で参加者を迎えてくれました。

当日の進行は以下の通りです。

 

07:00〜08:00  ゲートオープン、入場、受付開始
08:00〜08:20  ドライバーズブリーフィング
08:20〜08:50 慣熟歩行
08:50〜08:55 コースクリア走行
09:00〜12:00 パート別基礎練習
12:00〜12:40 昼休み、慣熟歩行
12:40〜12:50 ドライバーズブリーフィング
12:50〜12:55 コースクリア走行
13:00〜14:30 クローズド競技会(練習走行1本+タイムアタック2本)
14:30〜16:00 実践コース応用練習
16:00〜16:15 ドライバーズブリーフィング
16:15〜17:00 片付け、退場

レッスンということで、午後のクローズド競技は予想していなかったのですが、競技を開催する事で希望者にはB級ライセンスを取得してもらおうという狙いだと思います。

 

・午前:パート別基礎練習

午前は広大な浅間台に中高速コーナーを中心としたAコースと、低速コーナー及びターンセクションを織り交ぜたBコースの2つのコースを設定したパート別基礎練習です。今回の私の課題は2ヶ月振りのジムカーナということで、以前のセンスを取り戻すことと、前回できたサイドターンを再度成功させることです。

Aコースはしょっぱなからスピンしてしまったのですが、2本目からは巧く走れたと思います。ただ、Bコースのターンセクションでは、不安が的中しサイドターンを成功させることができませんでした。

後半にはインストラクターの方のクルマに乗せてもらいました。ほんのわずかな区間でも、行ける!と思えばアクセルを踏んでいたのが印象的です。車内で「インテグラに乗ってます。」と自己紹介したのですが、「あぁ、あのインテはうまいと思ってたんだよね。」なんて嬉しい事を言ってくれます。豚もおだてりゃ何とやらで、午後のクローズド競技で表彰台を狙ってみるかとの思いが芽生えてきます。

 

基礎練習コース(午前)

競技コース(午後)

 

・午後:クローズド競技会

今まで何度かジムカーナ会場に赴いてきた訳ですが、当然のことながらインテグラiSの姿は私のクルマ以外、目にすることはありませんでした。それを別に悲しいとは思いませんでしたが、各会場で他の参加者にインテiSの存在感や魅力(特にかわいいお尻!)を少しでもアピールできればと常々思っていました。

ここで一つの言葉を紹介したいと思います。

「あらゆるモータースポーツ活動を通じてPG6Sの存在を対外的にアピールするとともに、その運動性能をもって観衆に深い感動を与える。」

PG6Sモータースポーツ隊が掲げている活動理念です(引用許可済み)。私はこの言葉に非常に共感を覚えます。何度かジムカーナに参加し、私もiSの魅力を他の参加者にアピールしたいとの思いを胸に孤軍奮闘、走ってきました。表彰台に乗る、これに勝るiSの魅力をアピールできる場が他にあるでしょうか?インテR(DC2)、シビックR(EK9)とつわものもいますが、私はジムカーナが初めてではない分、技量で他の参加者を上回っていると思います。狙える!というより、今を逃してインテiSで表彰台に上がれるチャンスなんて二度とないぞ!表彰台とは無縁と思っていた私とiSのコンビに野心が芽生えた瞬間です。

完熟歩行は今までにないくらい熱が入ります。インストラクターの方も何人か同行して完熟歩行をしており、参加者はコースの攻め方等を質問しています。私もいくつか確認したいことがあり質問しました。

確認したことは、「パイロン間際を走行するといっても、そのアプローチの仕方は単純なものではない。コース全体を俯瞰し最適なラインを走行するため、いきなりパイロンに近づくのではなく大回りに進入し、結果としてパイロン間際を通過する場合がある。」ということでした。

最初の練習走行では走行中にコースを忘れてしまい、数箇所でコース確認の為、全力走行を躊躇してしまいました。ただ、それでも練習走行が終了した時点で、3位に着けることができました。本数を重ねるにつれ、みんなタイムアップを果してくると思いますが、私も1〜2秒短縮する自信があります。何とかなるぞ!そして本番1本目に2秒程短縮して1位に着けます。表彰台どころか優勝を狙えるかも!自分のタイムを聞いて、小さなガッツポーズを車内で取ります。

本番2本目。スタートラインで出走を待ちます。この時、私の3台前に走行したFTOが53秒台を出したというアナウンスが聞こえました。この時、FF部門優勝が消え去ったことを感じました。私の1本目はこれといったミスがなく、00'55.09というのはほぼ現時点の私の実力です。いきなり実力以上の走行をし、2秒以上短縮するということは基本的にありえません。わずかな可能性に賭け全力で2本目にトライしたのですが、やはり1本目でマークしたタイムは短縮することはできず2位に終わりました。

・リザルト(FFクラス)

順位

慣熟走行

第1ヒート

第2ヒート

ベスト

ストーリア

00'56.82

インテiS

00'55.09

FTO

00'53.02

FTO

00'53.02

ミラージュ

00'57.31

シビックR(EK9)

00'55.61

インテiS

00'55.22

インテiS

00'55.09

インテiS

00'57.46

ストーリア

00'56.11

シビックR(EK9)

00'55.33

シビックR(EK9)

00'55.33

競技終了後、練習としてさらに1本走行し、その後、再びインストラクターの車に乗せて貰います。感想ですが、怖かったの一言しかありません。それにしても、FTOは速いしよく止まるね。

この後、アドバイスを一言もらいました。

「立ち上がりの時にホイールスピンをさせないように、じわりとアクセルを踏むようにすると良いね!」
「はっ?おれ、ホイールスピンさせてました?」
「させてるもなにも立ち上がりの時、君が一番ものすごい白煙上げてたよ。」

えー!ホイールスピンしてるなんて全然気付かなかった。そう言われてみれば思い当たる事があります。ターンセクションやタイトなコーナーで著しく車速が落ちた後の立ち上がり時に、ドカン!といつもアクセルを床まで踏みつけてたんです。確かに踏みつけてる割には車は加速しませんでしたし、その時にクルマが進むようになる(グリップが回復する)のを待っていた自分自身を覚えてます。あの感触がホイールスピンなのか!
立ち上がり時に急激にアクセルオンをすると、前荷重が抜け十分にトラクションがかからないというのは知識としては持っていたのですが、そんなの関係ないや!といつの頃からかドカンと踏む癖がついていました。ホイールスピンさせていたんじゃ、トラクションが十分にかからないどころじゃないですね。インストラクターの方は「もったいないな〜」と思いながらそれを見ていたそうです。その方が言うには、それを気をつけるだけで2秒は縮まるとの事です。2秒は言いすぎだと思うのですが、コースによってはありえるかも知れませんね。いずれにせよ、今までホイールスピンさせているという自覚がなかっただけに、この指摘はとてもありがたかったです。私も何だかんだいって、既にサーキット走行やジムカーナ等のモータースポーツを8回ほど経験してきてます。そろそろ、繊細なアクセルワークやブレーキングコントロールが問われてくる頃かなと感じた時でもありました。

その他では、ブレーキングによる積極的なコーナリングもできつつあるとのお褒めの言葉を頂きました。確かに今回はサス交換と空気圧管理を行ったおかげか、メタルパッドを装着以来悩んでいたリアのピーキーな挙動が消え、リアのスライドや車の挙動を自分でコントロールすることができつつあるのを感じました。また突っ込みすぎもなくなりつつあり、タイム的には特に冴えるものではありませんでしたが、とても満足の行く走行ができたと思ってます。ちなみに午後のコースにはターンセクションが2箇所あるのですが、全て成功させる事ができました。やったね!

今回のイベントは非常に充実しており、とても楽しい一日を過ごすことができました。イベント成功の要因を私なりに分析してみると、

  1. インストラクターの方が多く(6〜8人)、各人が積極的にアドバイスをしてくれた。
    みなさん非常にオープンな姿勢で質問しやすく、また、「隣に乗せてもらって良い?」とか「運転させてもらって良いかな?」等、積極的に話しかけ、熱心にアドバイスをしていた姿が印象的でした。私は比較的、チャンスを逃すまじと積極的に話し掛ける方なのですが、やはり上級ドライバー自ら話し掛けてくれるというのはとても嬉しいものですよね。みなさんの的確で熱い指導には感謝しています。ちなみに、今回一生懸命に指導して下さったインストラクターの方々は、普段は各地区戦で活動されている有志の方達だそうです
     
  2. 参加者の方でも、同じレベルの者同士で気心が知れているのか一体感があった。
    今回、初めてジムカーナを経験する人も多く、誰かがきれいなサイドターンを決めたときや、好タイムを出したときには、観覧席では「お〜!」なんて歓声が上がったり、拍手をしたりと、何か一体感がありましたね。私の初めてのジムカーナ経験はお世辞にも楽しいものではなかったのですが、今回のイベントが始めてのジムカーナ経験だった人は十分その魅力、楽しさを感じていった事と思います。

私も2〜3の参加者とお話をすることができました。

Oさん(ロードスター):なんかめちゃくちゃうまくなってましたね。前回のMAFの練習会では、4秒近くも私の方が速かったのに今回は負けてしまいました。今回、初めてサイドターンを成功させることができたとのことでしたが、嬉しいその気持ちは良く分かります。私も初めて出来た時は、ほんと小躍りしましたからね。今後もMAFの練習会を中心にジムカーナを続けていかれるとのことでしたので、私も負けじと腕を磨いていきます。ライバルとしてロックオンしましたからね!

Sさん(ミラージュ):パドックが隣の縁で色々とお話をし、楽しい時を過ごさせて貰いました。初めてのジムカーナとのことですが、うまいじゃないですか!サイドターンも使わずにFF部門4位!数ヶ月に1回位の割合で続けていくようですが、もったいないですよ。サイドターンをマスターしたら、私なんか歯が立たなくなるな。またどこかでお会いできるのを楽しみにしてます。

ちなみに下の右の写真に表彰台に乗っている私自身の姿があります。ひょっとしたら最初で最後の表彰台かもしれませんが、今までインテiSで表彰台に絡める勝負ができるとは夢にも思っていなかっただけに、最高の思い出となりました。

最後になりましたが、このような素晴らしいイベントを提供して下さったJMRC千葉の方々を始め、関係者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

※当日の様子はJMRC千葉ジムカーナ部会のHPにもレポートで紹介されています。興味のある方はご覧下さい。