2002/03/22

成田トライアル2002・第1戦

(成田モーターランド)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


成田モーターランドでのタイムアタックを主な活動としているVspeedが主催する成田トライアルに参加してきました。成田トライアル2002・第1戦と銘打ち、タイムをランキングとしてHPに掲載しますが、実際はそう堅苦しいものではなく普通の走行会です。

成田モーターランドは、元々はカート用のコースらしく全長800mと非常に小さいコースです。コース幅も8mあるらしいのですが、6mぐらいにしか見えません。下の図を見てもらえば分かりますが、おまけみたいなストレート以外は、コースのほとんどがタイトなコーナの連続で構成されています。つまり、馬力に物を言わせるのではなく、いかにクルマをコントロールし、そのタイヤのグリップを引き出しコーナーを速く駆けていけるかがタイム短縮のカギとなります。サイドターンこそ使用しないものの、その特徴はまさにジムカーナそのものです。 

到着後、Vspeedの代表である氏家さんが挨拶に来てくれました。いつも一人で参加して、寂しく空を見つめていることの多かった私にとって、うれしいもてなしです。

全体の進行ですが、1台づつ走行し、1回につき2周走り、その2周目のタイムを記録します。午前は右回り、午後は左回りで走行し、それぞれ5セットずつ走行します。計10セットの20周走行ですから、ジムカーナよりお得ですね。実際に走った印象は、連続2周の走行ですから色々と試行錯誤を繰り返しながら走行できる感じで、練習にはもってこいの走行会でした。

氏家さんによると、成田モーターランドは公道の7割〜8割程度のμとの事ですので、おそるおそるグリップを確かめながら走行します。回を重ねる毎にグリップの具合が分かり、ブレ-キングポイントを遅らし、ぎりぎりまでアクセルを開けるようにします。1速、2速のシフトチェンジを繰り返し、高い回転を保ちつつ、タイヤのグリップの限界を引き出すような走りを目指して走行しました。

タイムは52秒台ってところですね。午後の左回りも52秒台を目指していたのですが、途中で雨が降ってきてしまい断念しました。このコース、雨がふると油でも撒いてるのかっていう位に滑り、タイムアタックどころじゃなかったです。

あと、このコースで戸惑ったのが、横Gを受けながらシフトダウンをせざるを得なかったことです。パケットシートを入れていないので、足は横Gに耐えるべくドアにくっつけて踏ん張っています。そんな状況ですから自由にヒールアンドトゥーなんて出来ません。うーん、こりゃパケット導入を検討するかな。

今回の練習会で特に何かを得たということもなく漫然と走ってしまったのですが、思いのほか楽しく、今後ジムカーナに力を入れていこうと思っている私にとっては非常にやりがいのあるコースでした。このコースをジムカーナの秘密の特訓の場として、ライバル達に差をつけてやるぜ!

午前・右回り

午後・左回り

周回

タイム

周回

タイム

1回目

58"40

1回目

57"37

2回目

54"35

2回目

55"84

3回目

53"19

3回目

53"52

4回目

52"84

4回目

未確認

5回目

52"87