2002/02/24

RIGIDジムカーナミーティング

(関越スポーツランド(KSL))

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


関越スポーツランドに行ってきました。前日は会社のスキー&スノボーツアーで、私は丸沼高原スキー場から直行です。着くやいなやスノーボードを降ろし、スタッドレスタイヤをラジアルタイヤに変えます。我ながら、ちょっと異色の参加者ですね。ちなみにRIGIDジムカーナミーティングのRIGIDとは、この練習会の主催者であるALPHAというジムカーナショップが展開しているパーツ郡のブランドの事です。私は最近Team STPというジムカーナ&ラリーチームに加入したのですが、このTeam STPの事務局もこのALPHAに置かれています。

全体の進行は以下の通り。

 

08:20〜08:50
08:50〜   
09:00〜12:00
12:00〜13:00
13:00〜16:00
16:20〜  

慣熟歩行
ドライバーズミーティング
タイム計測×1、フリー走行×2
昼休み
タイム計測×1、フリー走行×3
抽選会 

走行本数が7本ですから、ちょっと少ないですね。午前、午後とも最初の1本がタイム計測され、走行後にアナウンスされます。フリー走行でもタイムは計測していますが、アナウンスされませんので計測室に確認しに行く必要があります。

この練習会の最大のウリと思われるのが、全日本の岡野選手とALPHAの代表取締役で全日本の選手でもある中村さんに自分の車を運転してもらうことができることです。

もちろんお願いしましたよ。ほんと知りたかったからですからね、自分のクルマでどれだけのタイムが出せるのか、自分のクルマの限界がどこにあるのか。そして一番知りたかったのが、iSで本当にサイドターンが出来るのか?このクルマではサイドターンはできないんじゃないだろうかって、ずっと不安だったんです。当然、自分のテクニックが足りないから出来ないんですよ。けど、このクルマでも出来るんだよっていう確実な証明みたいなのが欲しかったんです。この疑問に答えがでるかと思うと、本当にこの日が楽しみでした。

まず、午前中のタイムです。

周回

タイム

1回目

1'06"312

2回目

未確認

3回目

1'04"311

で、午後一に中村さんに運転してもらいました。鈍いなりにも多くの事を盗もうと思って臨みます。あっという間に終わってしまったのですが、気付いた事として、シフトアップはレッドゾーンぎりぎりまで待つ、パイロンに可能な限り近づき、常に最短距離を走るという事です。あたりまえの事ですが、このあたりまえの事を本当にやってるんだ、と今更ながらに思いました。それとタイヤのグリップを限界まで、まるでタイヤからグリップを搾り出しているかのような走りが印象的でした。

中村さんが私のインテで叩き出したタイムは58"111。この時点で私よりも6"200秒も速い。同じクルマだよ、ここまで差がつくか〜!びっくりしたね。始めてのクルマで私というウエイトハンデ(58Kg)、それに他人のクルマということで多少の遠慮もあったでしょう。当然、中村さんの限界ではないと思います。それでも58秒台だもんね。6秒近くの差は、私に多くの課題があるということを物語ってます。

ただね、全セクションで私より速いスピード領域を経験させてもらった訳ですが、速いと言っても、その加速感は私の知ってるインテiSの加速感そのものでした。あたりまえだね。前回のASLでのジムカーナ練習会でDC2に乗せてもらいましたが、その速度・加速感は恐怖を感じるぐらいでした。ここら辺は、クルマの性能の違い、インテiSの性能の限界ですね。

ちなみに上位陣では48秒台を出している人もいました。もちろんラジアル&どノーマルのクルマとSタイヤ&ジムカーナチューンのクルマとの比較ですから差がつくのは当然で(馬力も下手したら100馬力以上違うし・・)、そのまま比較するのはあまり意味がないですけど、ここら辺がiSの限界かなって思うとちょっと寂しいですね。

それと、肝心のサイドターンですが、ジムカーナ用のリアパッドを着けていないという理由でやってもらえませんでした。残念!

午後のタイムは以下の通り。

周回

タイム

1回目

1'01"707

2回目

1'01"873

3回目

1'02"174

4回目

1'02"291

午後1番の走行では、一気にタイムを縮めて1'01"707をマーク!アナウンスされたこのタイムを聞いて驚きました。一気に2"604秒縮めてます。ミスコースしてショートカットでもしたのではないかと疑ったほどです。一気に上位陣に飛び出たような驚きです(実際は、これでも下から6番目でした)。午前中と何が違ったのかは自分でも分かりません。中村さんに運転してもらい、その速度感を身体で感じたのが良かったのかもしれません。ちょっとした魔法をかけられた気分です。 

その後は伸び悩みます。大幅にタイムを落とすことはなく安定しているともいえるのですが、中村さんとは依然3秒近くの差。同じ車で3秒の差というのはとても大きいです。違うコースを走っている訳じゃないのにね。自分ではいっぱいいっぱいの走行です。どのように走ったら3秒も差がでるのか不思議でしょうがありません。

最後に抽選会がありました。レーシンググローブかTシャツを狙っていたのですが、当たったのはRIGIDのCD-ROM版パーツカタログ。うーん、残念(失礼!)と思ったら、中にRIGID製品2割引券が入ってました。粋な計らいです。これで、メタル製リアパッドを買おう!