2003/01/29

筑波スプリント

(筑波サーキット・コース1000)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


ユイレーシングスクールが主催する筑波スプリントに初めて参加してきました。筑波スプリントとは、ユイレーシングスクールが開催している各種ドライビングスクールのカリキュラムの一環として、卒業生(受講生)のステップアップを目標とした短距離レースです。

当日の進行は以下の通りです。

 

0900 : 受付 (コース1000事務所)
0930 : ドライバーズミーティング
1000 : ドライバーズブリーフィング (レース初参加のドライバー)
1100 : プラクティス (8分間)
1200 : ヒートレース1 (8周)
1300 : ヒートレース2 (8周)
1400 : ファイナルヒート (12周)
1600 : 走行終了
1610 : 表彰式 / 総括
1640 : 解散

・ 予選(プラクティス)

ヒートレースのスターティンググリッドを決める重要な予選です。インテグラTypeR乗換え後、初のドライ環境でのサーキット走行です。どの程度のタイムを出せるのか、インテiSと比べてどの程度速いのかに関心が集中します。プラクティス自体はタイスケ通り8分間ですが、最初の4分程はクルマとドライバーのウォームアップ時間としてタイムは計測されません。ウォームアップの4分が過ぎ、全開走行開始です。が、あれ?タイムが思ったより出ないな?電光掲示板には48秒台と表示されます。TypeRといえども雑な操作ではタイムが出るものではありません。気を引き締め、雑な操作を排します。結果、45"928をマークし、Aクラスのポールポジションを獲得します。

・ ヒートレース1〜2

ヒートレース1では他車が47〜49秒台の中、一人45秒台を連発し、文字通り異次元の走りを展開します。最後尾のインテグラiSのテールが見え始めた頃に、ヒートレース1が終了しました。他車と比べて突出したインテグラTypeRのスペックをいかんなく発揮し、Aクラス優勝を狙える、と早くも勝利を確信します。

他クラスのヒートレース1が終了し、Aクラス・ヒートレース2の開始です。ヒートレース1において、チェッカーフラッグを受けた順番通りにスターティンググリッドに着きます(ヒートレースは8周の為、周回遅れは基本的に発生しない)。勝利を確信していたものの、守りの走りをするつもりはありません。インテグラTypeRのポテンシャルを全然活かしきれていない!もっと踏める!もっと突っ込める!との思いを秘め、ローリングスタートに臨みます。が、やってしまいました。第一コーナーでブレ-キングポイントを意図的に遅らせたのですが、そのままスピン!その間に他車に抜かれ、ヒートレース2は最下位に終わってしまいました。これは走行会ではなくレースですからね。手痛いスピンでした!

予選結果

ヒートレース1・結果

ヒートレース2・結果

ファイナルヒート・最終順位

インテグラTypeR (45"928)
180SX (47"396)
シルビアS14 (47"769)
カレン (48"015)
シビック フェリオ (48"249)
MGF (48"826)
ランサーセディアワゴン (49"056)
インテグラiS(AT) (49"528)
MR2 (49"340)
デミオ1300 (49"827)

インテグラTypeR
180SX
シルビアS14
カレン
MGF
シビック フェリオ
ランサーセディアワゴン
MR2
デミオ1300
インテグラiS(AT)

180SX
シルビアS14
カレン
シビック フェリオ
MGF
MR2
ランサーセディアワゴン
デミオ1300
インテグラiS(AT)
インテグラTypeR

180SX
インテグラTypeR
シルビアS14
シビック フェリオ
MR2
MGF
ランサーセディアワゴン
デミオ1300
インテグラiS(AT)
カレン(リタイヤ)

・ ファイルナルヒート

優勝は無理でも表彰台には何としても上がりたい。3位以上に絶対食い込んでやるとの思いでローリングスタート開始!他車と比べて反則的とも言えるインテグラTypeRの戦闘力を持って、ストレートで3台程ぶち抜きます。やや強引な走りで他車を抜きつつ、数周で3位に着けます。優勝争いをしていた180SXとシルビアS14の隙を突き、強引にシルビアS14を抜き、何とか2位。優勝まであと1台、トップを行く180SXのテールに着き、隙を窺います。何度も抜こうと仕掛けたのですが、今一歩足りず、結局ファイナルレースを2位で終えました。優勝は、黄色の180SXを駆る女性ドライバーの方でした。筑波スプリント初めての女性ドライバーの優勝との事です。おめでとうございます。

試合を観戦していた方からは、全体的に運転が粗かった、最終コーナーにてコース幅を有効に使い、早く加速できる状態に持っていくべきだった等、色々アドバイスを頂きました。1位の方と比べて1秒以上速かったのに結局抜けなかったのは、経験の少なさもあったでしょうか、やはり運転の粗さに原因があったと思います。

走行中にいくつか気付いた点がありました。コーナリング最中に足回り、というかタイヤがグニャグニャしている感じで、タイヤの剛性感が感じられないような事がありました。インテグラiSと比べて、かなりの低偏平率のタイヤですが、それでも剛性が不足するという事があるのでしょうか。また、3速に入れるべき所で、何故か5速に入ってしまうというシフトミスを連発してしまいました。こんな事初めてだよ〜。しばらくはノーマル状態で走りこむ予定ですが、徐々に不満に感じた点を中心に改造を施していく予定です。

 

私とサーキットデビューの日が同じで、そしてモータースポーツを通じて初めて親しくなったライバルAさんの乗るセリカです。スペック的にはインテグラiSとほぼ同等ですが、一通りのチューニングが施されています。

Aさんとは、昨年の3月にお会いして以来ですから久しぶりの再会となりました。相変わらず気持ちの良い人です(ほんとみんなに紹介したいぐらいです)。お互いサーキットを走り始めてから1年位が経ちましたね。この1年間のAさんの上達振りは目覚しく、今回遂に46"025をマークしました。私も似たようなスペックのクルマに乗っていたので、そのタイムがどれだけ凄いかというのが良く分かります(私の自己ベストは47"754でした)。

私はスペックの低いクルマ(インテグラiS)では技術向上の余地は限られているのではないだろうか、と悩んだ時期がありました。結局私は、ジムカーナに本格的に取り組みたい、競技に勝てるクルマに乗り換えたいという想いが勝り、TypeRに乗り換えましたが、Aさんのように、他車と比べて相対的に遅いけれど、低スペックなりに車のポテンシャルを全て引き出す技量を向上させていく道も考えていました。そのせいか、Aさんが今回46"025というタイムを叩き出した事には、とても感服させられました。Aさんは長らく47秒台であえいでいた時期がありましたからね。46"025というタイムは、何故か私にとっても感慨深いものがありました。

自己記録更新に喜んでいるかと思いきや、Aさん、私と違って無邪気ではないので、「まだまだ自分の走りに満足してない。」との事でした。その真摯な姿勢をちょっとは見習わなきゃいけないな。何はともあれ自己ベスト更新おめでとうございます(ジムカーナチャンピオンの友人をコーチとして、そして彼女を連れてスプリントに参加していたAさんに著者が相当ひがんでいたというのは秘密です)。

 

強豪車ひしめくBクラスで見事3位に着けたAさん、お見事です!

同じAクラスのMGF、初めて見ました。粋なおじさんがドライバーでした。

 

おぉ!インテiS(AT)じゃないか〜。思わず隣に駐車してしまいました。フルパケ、マフラー交換、車高調(TEIN-HA)、16インチ化と一通り手が加えられていました。いいな〜、私のインテiSもここまでやればAさん@セリカと良い勝負が出来ただろうな〜。

 

でたらめな速さのロードスター軍団!ロードスターがこんなに速いなんて知りませんでした。42秒台を当たり前のように叩き出しています。3ナンバーのロードスターも目撃しました。

この日は茨城在住の友人Nさん(りんくさん)が応援に来てくれました。約半年振りの再会ですね。友人との久しぶりの再会というのはとても嬉しいものです。Nさんはモータースポーツと吹奏楽の両方に関心を持っていて、私と趣味が似通っています。そのせいもありますし、久しぶりの再会とあって会話も弾みます。

Nさん、モータースポーツにはもっと真剣に取り組みたいし、吹奏楽も再開し以前のように打ち込みたい(現在、6年位のブランクがあるそうです。私と同じですね。再開するとなると最初はほんと苦労するよ〜)との想いを最近強く感じているそうです。考えているだけじゃ何も進展しないよ、行動を起こそうよ!友人として、そんな慎重派のNさんの背中を押してあげなければ・・。

私 : 「Nさん、オレを見なよ。サーキット・ジムカーナ、そして吹奏楽、限られた時間を有効に使えば、何とか両立することはできるよ!」
Nさん : 「言いたかないけど、彼女がいない○○さん(私の事です)とは同じようにはいかないんですよ。」
私 : 「・・・・(泣)」
(そんなNさんに著者が殺意を抱いたというは秘密です。)

クルマを走らせる楽しみの他、色々な人たちとの出会いもモータースポーツの楽しみです。Nさんにも、見学するだけじゃなく、是非参加し、この楽しさを味わってもらいたいと思いました。そんな訳で、随分先の事ですが、06/24のユイレーシングスクール主催の「筑波サーキット公式ドライビングスクール中級クラス」に一緒に参加する約束をしました。Nさん、この日はありがとうございました。応援(?)に来てくれて嬉しかったですし、楽しい時を過ごせました。約束通り6月頃に、またお会いしましょう!

初めてのスプリント参加でしたが非常に楽しめました。結果を残せたのはもちろん、色々な方と知り合い、お話をする事が出来たので、非常に楽しく有意義な一日を過ごせました。モータースポーツの楽しさを伝えたい、そんなユイレーシングスクールの想いが伝わるような素晴らしいイベントでした!

> Aクラスの皆さん
今回のクラス分けは前車(インテグラiS)でのタイムを元に行われました。TypeRでの参加は反則ですよね・・。皆さんの走りを見ていて、自分の運転の粗さ、クルマのパワーに頼った運転等、未熟な点がうきぼりにされた感じです。感謝です!また参加するつもりですので、その時は気軽に声をかけて下さいね!