2002/07/23

筑波ドライビングワークショップ

(筑波サーキット・コース1000)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


関心を持ちつつも今一歩モータースポーツに踏み出せない同じくインテiS乗りのNさんを口説いて、ユイレーシングスクールの筑波ドライビングワークショップに参加してきました。Nさんは、私のサイトを見て、インテiSがジムカなりサーキットなりを走行しているのを見学したいとコンタクトをとってきたのですが、自ら参加するのには慎重で、以前、ジムカーナ(2002/06/08)を見学に来た方です。その後、インテiSのユーザーズクラブ(LA-DC5 Users Club)で知り合ったSさんも参加する事になり、3台のインテiSが、筑波で各々その存在感をアピール(?)してきました。

 

・午前:定常円旋回

午前の定常円では、大石さん(インストラクター、兄貴肌の方です。以下、大石の兄貴)に、ステアリングを急に切りすぎると指摘されました。他のインストラクターの方にも同じ事を指摘され、「ステアリングを急に切りすぎているし、フロントタイヤだけで強引に旋回している状態だ。外側のフロントタイヤだけでなく、リアタイヤもしっかり使った旋回をするように!」と言われました。

急に切りすぎると言われても、必要に応じて切っているだけですし、外側リアタイヤを使えなんてどうすりゃいいか分からない。何はともあれチャレンジです。ゆっくりステアリングを切る、だからと言って速度が落ちてはいけない。思考錯誤を繰り返すうちにコツがつかめてきます。

今までのパターンでは、どアンダーが発生したり、リアがスライドし極端にインにつけたりと、行き当たりバッタリの走行でした。言われてみれば確かにリアタイヤを充分には使っていなかったですね。フロントだけで強引にこじるような走行でした。荷重を前にかけフロントのグリップを最大限に引き出すのは当然ですが、リアタイヤが遊んでいてはいけません。

今回、ゆっくりステアリングを切ることにより(但し、速度は落とさず)、リアタイヤもしっかりグリップしているのが体感できました。しかも微妙にスライドしています。極端にインにもアウトにも振られず、高い速度で、フロントがインにスッスッと入り、それでいて非常に安定して走行できます。こうゆう境地があるんだ!今までよりちょっと高い境地に達することができたようで、また、大石の兄貴にも2回も合格点をもらい、非常に満足して定常円を終了する事ができました。

 

・午後:コース1000走行

約4ヶ月振りの筑波サーキット・コース1000です。今回は、苦手としていた裏ストレート(?)も、サスをTypeR純正サスに換えたのが効を奏したのか最後まで踏んでいけます。若干硬めとなった為、姿勢変化が抑えられ、安心してアクセルを踏めるようになったのでしょう。その他で気付いたことと言えば、15インチのパフォーマンス不足です。今回15インチで臨んだのですが、高速コーナー(いや中速コーナーですね。1kmちょいのコースですから。)では、横方向の力になんとか耐えるのが精一杯で、縦方向にグリップが全然効かない印象でした。私も詳しくないので適切な説明が出来ないのですが、私のドライビングテクニックの未熟さを差し引いて考えても、インテiSに15インチは根本的にパフォーマンス不足の印象を強く持ちました。

今回、一緒に参加した2人も、初めての定常円・サーキット走行(Sさんはカートコースの走行経験は1度あり)で、サーキット走行を楽しみながらも、自分なりの課題をそれぞれ感じた事と思います。

 

私(ナルト号)

0'48"029

Nさん(りんく号)

0'49"357

Sさん(ベイサイド号)

0'50"970

このタイムにはちょっと残念でしたね。自己ベスト(0'47"754)更新を狙っていたのですが、結局47秒台を一度も出せずに終りました。走れば必ずタイムを更新するという時期は過ぎ、最初の壁に当たり始めたのでしょう。これからはコンマ何秒を少しずつ削っていくような、辛い時期が続いていくのでしょうね。

私と同じく、Sさんも自分のタイムに満足できず、ちょっと落ち込んでいました。Sさん、ちょっとシャイな方であまり多くを語りませんが、どうやら、ATでも十分速く走れるんだ!という事を証明したかったようです。

Sさんの名誉の為に付け加えておきますが、一般的に同じエンジンを搭載したクルマ同士で比較した場合、MTよりATの方が遅いと言われています。理由についてNさんとちょっと考えてみたのですが、Nさんは「トルコンにてパワーロスが発生する」説、私が「ギア比の違いから、立ち上がり、加速で差が出る」説を挙げてみました。多分、両方でしょうね。

この所、ジムカーナばかりでしたが、やっぱりサーキット走行も楽しいですね。今回、誘った二人ともワークショップの内容に満足してくれた様で、勧めた私も何故か得意満面!また、一緒に参加しましょうね!