2002/03/19

筑波ドライビングワークショップ

(筑波サーキット・コース1000)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


前回のワークショップでは谷和原I.Cを降りて直ぐにガソリンスタンドに寄りガソリンを満タンにしたのですが、今回は何が何でも48秒台を出すつもりでしたので前日からガソリンの減り具合を測って臨んでいます。谷和原I.Cに着いた時点で100km程度走行してましたから、少なく見積もっても7.5kgは前回より軽量になっているはずです(うちのインテの燃費は9km前後ですが、10kmで計算しています。それとガソリンの比重は0.75らしいので、10×0.75=7.5kgになります)。

 

・午前:定常円旋回

前回褒められた位ですから、定常円なんぞちょろいもんです。模範走行を見せてやるぜ!ぐらいの気持ちで走ったのですが、走行後、いきなりインストラクターの方に「ステアリングを細かく左右に回すな。安定させ一定角を保て!」と注意されます。どアンダーが出るかと思えば、リアがスライドし極端にインについたりして、その都度、ステアリングを左右に切って調整する行き当たりバッタリの操作を注意された訳です。

定常円はゆっくり走れば何の難しさも感じないのですが、速く走るとなると本当に奥が深いものになってきますね。今まで自分がやってきた走行を注意された訳で、注意しようにも、もうどうしていいか分からない。

 

・午後:コース1000走行

コース1000に移動後、少しでも軽量にするためテンパータイヤを降ろします。これは前回はやりませんでした。テンパータイヤって10kg位ありそうですから、結構タイムに影響しそうです。

今回はインストラクターの大石さんに自分のクルマを運転してもらうことができました。コーナリングが非常にスムーズなのが印象的です。iSはLSDが装着されていませんからコーナリングが苦手だと思っていたのですが、LSDがなくてもこんなにスムーズにコーナーを走るポテンシャルをもっているんですね。フロントがインにスッ、スッって入っていくような感じでした。

走行中に、視線を目先ではなくコースの先を見るようにとアドバイスを受けます。実際、大石さんがどこを見ているのかを見たのですが、大石さん、遠くを見すぎ!明後日の方向を見ているようにしか見えませんでした。私はそれなりにコースの先を見ているつもりなのですが、ほんとにあんなに先を見るものなのかな?

今回の走行では、なるべくコーナーのCP(クリッピングポイント)間際を通過するように心がけました。ジムカーナではタイム短縮の為、極力パイロン間際を走行するのがセオリーです。それと同様、サーキットでもコーナーのCP(クリッピングポイント)間際を走行するのがタイム短縮のカギではないだろうかと考えたんです。ちょっとぐらい離れても変わんないんじゃん、とは思うんですが、その認識を改めます。

その他で前回と違った所は、第1コーナーでアンダーステアが発生してないことに気付いて(RE-01の恩恵かな?)、コーナリング中に若干アクセル開度を開けたこと、それと最初から狙っていた訳ではないのですが、一箇所で縁石上を走行するショートカットを行いました。

以上が奏を効したのか0'47"754をマーク。おっしゃー!47秒台!前回より1"316の短縮、初めて筑波コース1000を走ったときより2"163の短縮。確実に速くなってるぜ!

1セット目平均ラップ

3セット目平均ラップ

ベストタイム

0'49"674

0'48"795

0'47"754

(タイム計測は1セット目と3セット目のみ行われます。なお、平均ラップはコースアウト等、大きくタイムロスをした周回を除いてます。)

 

トムさんによる定常円模範走行。
 

バンライド。インストラクターの方がサーキット未経験者を乗せて走ります。