2002/03/05

筑波ドライビングワークショップ

(筑波サーキット・コース1000)

ホーム > CAR (INTEGRA LA-DC5) > Gymkhana & Circuit


やってきました、筑波1000!いっとくけど、今日は自信満々ですよ。前回の走行からジムカーナ2回、サーキット走行2回を経験し、いやぁ自分でも踏めるようになったって気がしてるんですよね。目標タイムですか?47秒台を狙ってます。けど、人に聞かれたときは謙虚に48秒台ですって言うようにしよっ!

 

・午前:定常円旋回

ブレーキングによりリアを滑らし積極的に車の向きを変えていきました。そうしたらインストラクターの方にしっかり前荷重がかかってる!とお褒めの言葉を頂きました。リアを滑らす以前にも、ブレーキングにより前荷重をしっかりかけていたつもりだったので、ちょっと以外なコメントでした。向きを積極的に変えるというは、結果として前輪のグリップ力をしっかり使うということにつながる物なのでしょうか。

 

・午後:コース1000走行

前回と比べものにならないほどに落ち着いて走行ができました。前回は突っ込みすぎて大周りしていたヘアピンも、頂点間近の理想的なラインをトレースしていきます。相変わらず裏ストレートはうまく攻略できませんでしたが、それ以外はバッチリです。

で、結果はというと、ベストタイムが49"070

・・・。えっ、ほんとに?間違ってない!あんなにうまく走れたんだよ。そんな訳ないじゃん。

大幅にタイムを短縮したつもりでいましたから、49秒台という結果は受け入れられず、相当落ち込みました。何も進歩してないじゃん。一応、前回よりは0"847秒は短縮したのですが、タイヤのお陰だね!で片付けられそうな数字です(タイヤは換えるつもりはなかったのですが、数日前に縁石に左前輪をヒットしてパンクさせてしまい、POTENZA RE-01にタイヤを換えました)。

もう一つ残念なのは、2/17の茂原ではしっかり感じることのできたアンダーステアが、今回は良く分からなかったこと。タイム短縮はモータースポーツをやる以上、常に追求していきたいですが、車からのインフォメーションをしっかり把握できるようにするというのも、もう一つの課題としていました。タイヤに関しても何がどう変わったのか全然分からなかったし・・。むしろ前のタイヤの方が扱い易いように感じたぐらいです。

ライバルAさんの方は、48秒台を通り越して、47秒台をマーク。完敗です。今後もサーキット走行を続けていくつもりとの事でしたので、またどこかで再会できるよね。

1セット目平均ラップ

3セット目平均ラップ

ベストタイム

0'50"384

0'50"209

0'49"070

(タイム計測は1セット目と3セット目のみ行われます。なお、平均ラップはコースアウト等、大きくタイムロスをした周回を除いてます。)